新明電材株式会社HOME >  新明電材とは? >  新明電材ストーリー

新明電材ストーリー新明電材ストーリー

新明電材ストーリー

新明電材ストーリー新明電材ストーリー

新明電材は1959年、現社長の父・加藤俊男が電設資材を取り扱う会社の支店長に就任したことからはじまります。

時代は高度経済成長のまっただ中。インフラの整備や工場などが一気に増え、都市化が進む町にはマンションや団地、また多くの人がマイホームに手が届くようになり、住宅の供給も大きく数を増やしました。ただし当時は物流に限度もあり、電材は需要が増す一方で供給が安定しないこともありました。

昭和44年、加藤俊男は埼玉県内での電材供給の安定化と販売網の拡大を図るため、独立した新たな会社(埼玉トシン電機株式会社)を設立しました。その後、埼玉県を皮切りに、群馬県、茨城県、栃木県へと次々に販売網を拡大していったのです。

新明電材ストーリー新明電材ストーリー新明電材ストーリー

昭和63年、ここで大きな転機を迎えます。

北関東の販売網を確実に広げていった埼玉トシン電機株式会社が新本社屋を建設。その場所こそが、現在新明電材株式会社の本社がある場所でした。

その後はさらに販売網は強化され、平成10年に「新明電材株式会社」に社名変更、その3年後に現在の本社屋が建設されたのです。

埼玉県内での販売力を活かし、今では東京、神奈川、千葉、山梨、長野まで拡大し、これまでに60を超える営業所をもつ企業に成長しました。

このように大きく成長を遂げた新明電材ではありますが、現社長・加藤剛康は創業時から受け継がれる信念を頑なに守り続けています。それは、社是に書かれた5つの言葉。ただ儲ければ良いというのではなく、いつも家族や同僚、地域やお客様、また社会全体と共に生きていることを忘れないということ。その原点は「家庭」であり、家庭があるからこそ、持てる力を発揮できるのだ、ということなのです。

多くの分野で機械化、IT化は進んでいますが、新明電材はいつも人の温もりを感じられる企業でありたいと願っています。